妻が趣味で小説を書いているんだが、ある日そのノート数冊が客人に盗まれて…

590: カチムカ山の名無しさん 2015/09/11(金)05:55:39 ID:

神経がわからないどころか腸が煮えくり返って仕方ない出来事だった

私の妻は趣味で小説を書いている
それも手書きでノートに書くのが好きで、いつでも見返したり続きが書けるようにと、リビングの隅のガラス棚に置いてあった
私が知る限り中学生の頃から続けている趣味だ
ノートはメモの役割も大きい
妻は昔から感受性が高く、時に俳句を作り、評価されたこともあった
そんな感受性が受け止め、心動かされた瑣末な万事も書き込んである

そのノートを客人に盗まれた
子供の通う園での役員である妻が、同じ役員を客人として招き、リビングで小道具を作っていた
客人が帰ったあと、ノートが数冊失せていた
客人がくる直前まで書きつけていたノートまで失せており、客人が盗んだことは明白だった

そして数日後、その内容が広まっていた
内容はもとより、妻のかきつけた「夢の中で見た世界」の絵も、馬鹿にするように広められていた
ノートは園にある保護者が閲覧する掲示板に、落し物として一冊だけ貼り出されていたそうだ
だから誰が広めてもおかしくない
妻は一冊だけでも大切なノートが帰ってきてくれただけでもよかったと言っていた
だが娘は敏感に他の保護者が妻へ向ける目線の意味を感じ取っていた

娘の通う園は当時専業主婦が主流で、幼い我が子がいながら働きに出る妻を疎ましく思う者が多かったことは知っていた
役員の仕事も嫌がらせの様に押し付けられ、仕事を理由に途中から参加せねばならない埋め合わせに家も提供させられた
私も埋め合わせを手伝い二人してカバーしてきたつもりだ
それをかような下劣な手段で妻の内面を踏みにじり侮辱される謂れがあるだろうか

愚劣な人間は妻を辱めたつもりだろうが、妻はこんなことで辱めを受けるような人間ではない
強く生き、失ったノートのかわりにその内容を思い出し、より良いものへと昇華させ、新しく書きつけていた
10年かけて、最近当時失ったノートの物語が完結した
ノート5冊分だ
娘も芯の強い妻を見て育ってくれた
一時期妻のことで園から孤立したこともあったが、持ち前の明るさと芯の強さ、母はなにも恥ずかしいことはしていないとの強い信念で、噂が去るまでの間を乗り越えてくれた
幼いながら娘を友達として受け入れてくれた周りの子どもたちにも感謝している

591: カチムカ山の名無しさん 2015/09/11(金)07:25:21 ID:
>>590
元ノート盗難時に警察沙汰に出来なかったのかな…これが浅田次郎や
ウーマンラッシュアワーなりの元ネタノートなら、盗難被害は成立すると思うんだけど
盗んだ奴が気味悪いし、経済被害も成立していると自分は見る

599: カチムカ山の名無しさん 2015/09/11(金)11:32:24 ID:
>>591
妻がそのノートをもとに生計を立てているのでしたら財産にも成り得たでしょうが、その時点では心の財産に過ぎませんでしたから
警察には届け出ておりませんが、園にははっきりと家中のものが盗まれた旨伝えておりました
ノートの掲示があったことで園側も無視できず、その後しっかりと対応はいただけました

600: カチムカ山の名無しさん 2015/09/11(金)11:37:34 ID:
>>590
証明できないにしても泥棒が誰だかはハッキリわかってるんだよね
たぶんその人今後も何かやらかすよ
泥棒の子供がかわいそうだわ

604: カチムカ山の名無しさん 2015/09/11(金)12:05:15 ID:
>>600
わかりません
集まったのは8名ですが、ノートのことは誰にも伝えておりませんでした
20畳のリビングと隣のプレイルームを開放して各家の子供も入り乱れておりましたので、いつ抜き取られたかのタイミングもわかりません

引用元: ・ その神経がわからん!その11