【衝撃】ぬこアレルギーだった娘がぬこを世話し続けた結果wwwww

339: カチムカ山の名無しさん 2016/01/25(月)02:00:17 ID:X3G

娘が幼児の頃軽い喘息持ちだった。
アレルギーテストをしたら猫が1番強く出た。

元々私は子供の頃から犬猫が常にいる生活をしており
捨て猫や野良の子猫を保護して里親を見つける事も何度もあり獣医さんから猫マスターと呼ばれるほど猫の扱いに慣れている。
私の実家には猫がいるのだけど正月や盆に娘を連れて帰ると
娘は可哀想なくらいクシャミ鼻水、目の痒みを訴えるので実家には帰ってもほんの数時間でお暇する、
娘は猫を飼っている友達と遊ぶとやはり同じ症状が出るようになり猫を飼っている人を家に招くの禁止。
というような対策もしていた。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11

PICK UP記事はこちら

: カチムカ山の名無しさん 2016/01/25(月)02:00:17 ID:X3G

娘が高学年になった一昨年の夏に目やにで目が開かなくなって更に何故か後ろ足の肉球を火傷して動けなくなっている野良仔猫を保護した。
とにかく汚れているので手早く洗い病院に連れていって処置してもらい怪我が治ったら里親さんに。と自宅に連れて帰った。
娘は猫アレルギーだけど猫が嫌いなわけではないので
とりあえず猫はケージに入れて娘の出入りしない部屋で。という事に決めた。
娘は病院通いや餌などの世話をマスクとメガネでガードしながら手伝ってくれた。
しんどくなるからやめなさい。と言っても「やりたい」「やらせて」と目薬を点しながら頑張ってくれた。
足の火傷も包帯が取れそうになったので「そろそろ里親探さないと」となった時に娘が絶対嫌だと言う。
ついでに猫も娘から離れない。
いつの間にか娘は猫アレルギーではなくなっていて一緒に寝ていたらしい。
お前ら前世夫婦やったの?ってくらいベッタリイチャイチャしている。
更に猫アレルギーだけではなく結構身体の弱かった娘がこの猫が来てから風邪すらひかない元気っ子になった。
女子サッカーのチームにも入り毎日男の子か?ってくらい泥々になるまで練習していたりする。
喘息も全くなくなったようで
この猫は娘を守る為にうちに来たのではないかと思っている。
あ、衝撃的だったのは猫アレルギーが治った事。

340: カチムカ山の名無しさん 2016/01/25(月)02:07:13 ID:kEb
>>339
自然にアレルギー反応出なくなることもあるんだ?
ちょっとだけ希望が持てたかも

341: カチムカ山の名無しさん 2016/01/25(月)02:20:13 ID:Bjr
>>339
アレルギー反応起こすものに徐々に触れて自然と慣れていく人と
それが不可能な人といるみたいね。
有名人だと、上原多香子が猫アレルギーなのに野良の子猫拾って、無理して飼ってたら克服したらしい。
たしか松居一代の息子は穀物アレルギーで、同じやり方で克服したんじゃないかな。

コメント

  1. カチムカ山の名無しさん より:

    一代は無理矢理食わせてそうだ。

  2. カチムカ山の名無しさん より:

    猫エネルギーは猫アレルギーに打ち勝った

  3. カチムカ山の名無しさん より:

    俺はハウスダストのアレルギー持ちなので、動物飼うと鼻水とかズルズルなるんだけど、1週間、2週間と粘ると落ち着いてきて、アレルギー反応が無くなる。

    ただ、その後、一人暮らしはじめて何ヶ月かに一度帰るとまたアレルギー出るようになったな。

  4. カチムカ山の名無しさん より:

    アレルギーは基本的には、治る事は無い筈のものなんだ。
    アレルギーは食い続けたら治るの爺婆の無自覚攻撃で死にかけた子供を知っている。
    酷いもんだった…卵とか蕎麦とか世の中には色々なアレルギー持ちが居る。

  5. カチムカ山の名無しさん より:

    こういうの読んで慣れれば治るとか勘違いする人が出ないことを祈る

  6. カチムカ山の名無しさん より:

    減感作療法みたいに緩和されているのかもしれないが、反対に悪化する可能性もあるから安易に猫を飼うとかしないでほしい。
    もしだめだった場合、猫はまた違う家に行かなければならないんだから。
    たらいまわしで落ち着かないだろう。

  7. カチムカ山の名無しさん より:


    医療機関で減感作療法をやっていても重大事象が起きているって
    この前、注意喚起されてたからね。
    この例は幸運だったんだろうね。

  8. カチムカ山の名無しさん より:

    アレルギーでも大人と子供では違うから
    徐々に治るものもある

  9. カチムカ山の名無しさん より:

    猫「私は猫じゃなくてぬいぐるみ」