【衝撃】ホテルで同室だった美少女が真っ裸にバスローブで一晩戻って来なかったwwwwwww

11: カチムカ山の名無しさん 2016/03/01(火)18:30:32 ID:XTw

中国のホテルで、同質の美少女が真っ裸にバスローブで一晩戻ってこなかったときは衝撃だった。
少しシモ話もあります注意。

私:当時大学3年生。キョロ充(にもなりきれてない)喪女。
A:当時大学2年生。クレオパトラってこんな感じかなってくらいの超美少女。
B:ガイド役の旅行会社の既婚男性。40代で、茶髪のオジサン。
大学で募集していた10日間の研究旅行に参加。そこで知り合う。
ホテルとか現地のコテージの部屋の手配はBがしていて、私とAは旅行中ずっと同室だった。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12

PICK UP記事はこちら

: カチムカ山の名無しさん 2016/03/01(火)18:30:32 ID:XTw

ちなみにBはなぜかいつも皆のいるフロアとは別の階に自分用の部屋をとっていた。
最初の晩は、学生の皆でコイバナwをしたりして平和だった。
違和感を感じたのは次の日から。
・一日の工程が終わり、夜になるとBがわざわざ自分のリュックをAに預けて「後で届けて」と言って去っていく。
・中国で安いエステに行こう、とBが声をかけてくる。「皆に声をかけたけど断られた」と、実際に集合したのはA・B・私・あと一人のみ。
だけど次の日院生の先輩が「声かけてくれれば良かったのに」とBに言っている。
・やたら早く私を寝かせようとしてくる。情けないけど言外の圧力を感じて早めに就寝する私。
2回目は髪の毛が乾かないうちに寝たので風邪で熱を出して参加者に迷惑をかけてしまった。
たぶん、AとBは不倫でもしてるのかなー、と後半になって薄々思い始めるも、変に騒いで問題になったら大変だよな・・・と事なかれ主義をとってしまっていた。
年の近い人は数名いたけど急にこんな話をしても悪い気がして、誰にも相談できなくてつらかった。
最後の宿泊の日、またBがAにリュックを預けて行った。
その日は、無理に早寝をすすめて風邪を引かされた、という思いもあって(結局それを決めたのは自分なんだけど)、「夜出歩くのは危ないよ」とか言って、早寝をすすめてくるのに抵抗した。
そうしたら、焦れたんだろうAがリュックをバッとつかんで「わたし、気になるんで渡してきますう」と言ってカードキーも持たずに出て行ってしまった。
裸にパンツも穿かずにバスローブをはおったままで。
なんでもAは家では裸族らしくて、私と同じ部屋にいるときでもパンイチ、もしくはノーブラでTシャツ、パンツという姿だった(それも衝撃だった)。
カギもないのに私が寝てしまったら部屋に戻れないだろうし、一応カードキーをドアの下から少しすべらせて出す形で置いておいたけど、その晩は寝られなかった。
一晩ずっと、アレでもAさん年上の彼氏と同棲してるって言ってたよねとかぐるぐる考えてた。
結局帰ってきたのは朝だった。私の徹夜は無意味。

なんだろう、書いてて思ったけど裸で飛び出してったことっていうよりAと一緒にいたとき全てが衝撃だった。
Tバックのパンツを見たのも穿いてる人を見るのも初めてで衝撃。
蠱惑的な美女が草臥れたオジサンを相手にするのも衝撃。
下品な話ですがエステに行ったとき、Aの股に全く毛が生えてなくてツルツルだったのも衝撃。
あ、あと教授が他の男子学生には特にメールを送らず、Aだけに研究頑張ってねメールを送るのも「やっぱ差別ってあるんだ・・・」って軽く衝撃。
いっぱい衝撃があるけど裸バスローブ外出の次に衝撃だったのは、
バスの運転手さん(でっぷりしたお腹の中国人のおっちゃん)の肩を「お疲れさまですう、凝ってるう~」と言いながら、おっぱいを背中に押し当てていたのが衝撃だった。
バスの運転手さんビックリ。私もビックリ。目が合って大変きまずかった。
研究旅行が終わって、メンバーの一人にだけは期間中あったことを打ち明けた。
そしたら何週間かしてAから深夜に「旅行のこと誰かに何か言いましたあ?」と電話が来てこわかった。
Aの声の後ろでガーガーと男の人のイビキが聞こえてくるのもプチ衝撃だった。

12: カチムカ山の名無しさん 2016/03/01(火)18:30:51 ID:XTw
思い返して、自分の事なかれな行動が嫌になる。
顔合わせのとき、この研究をしたくてこの大学に来た、関連書籍は全て読んだ、と熱く語っていたAに感心してたから、問題になって研究会やめることになったら大変だろうな、とか、
ていうか不倫とかの問題って第三者としてどうすればいいの?とか、誰かに言ったら名誉毀損(?)になるんじゃないかとか考えてしまって何もしなかった。情けない。

うさぎ
よりによって変なのと同室になっちゃったのね…。