【衝撃】「オラホの家はよ、マタギの家だから昔っからウサギの肉食ってたんだぁ」「!!!」

219: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)17:24:02 ID:8io

「オラホの家はよぅ、マタギの家だかんらぁ、昔んから”ウサギの肉”を食ってたんだぁ。んだから別んに不思議でもねんだけんどよぅ、オラホの嫁っこはやっぱり食わね~んだぁ」

このゴールデンウィークに妻の実家に行って来ました。その際にお土産を持って本家の方にお邪魔して、お茶飲みで出てきた会話の一部です。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その13

PICK UP記事はこちら

220: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)17:25:07 ID:8io

私の妻が話しの途中で、

「こどもの頃、この本家に遊びに来るとウサギが皮を剥がされて家の外に干されていたのが記憶にあって、食卓にウサギの肉が出されても絶対に食べなかった」
と話したきに、本家のおばあちゃんが地元コトバでそう答えたのです。

221: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)17:25:56 ID:8io
結婚して7年、初めて妻がマタギの子孫だったのかということにチョット驚きを受けましたが、それよりも自宅に帰ってきてマタギのことが気になりはじめネットで調べると、ウサギの肉料理とさばき方の画像を閲覧してチョット衝撃を受けました。

222: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)19:22:41 ID:1vg
今じゃウサギやシカってジビエでもてはやされてるね

223: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)20:41:25 ID:8io

>>222

そうですね、ジビエ肉として注目されています。

雪の中で野ウサギは、真っ白くして周りからの外敵を防御しているのに、鉄砲で撃たれたあとはわずか数分で毛皮を剥がされて、小さな赤い血がまとわりついた肉の塊になってしまいます…。

ウサギの肉というのは、鳥の砂肝とレバーの中間のような味らしく、牛や豚の肉というよりも鳥肉に近いようで、今流行りのジビエ肉の部類からいえば、結構美味しい肉らしいです。

ペットとしてウサギを飼っている人にとっては酷な話しでしたね…。

224: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)21:08:20 ID:8io

このマタギ一族の衝撃的な生活を紹介します。

このマタギという狩人軍団は北海道から東北地方の山岳部にいた人達を言うそうで、北海道のアイヌ言語では狩りのことをマタク、四国地方ではマトギと呼ぶそうです。

山の鳥獣である鬼を退治する狩猟者である鬼、鬼の又さらなる鬼、つまり又鬼、マタギという言い伝えもあります。
あるいは山に狩猟に行く「山立ち」から、
ヤマダチ
マダチ
マタギ
と変化したとも言われています。

225: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)21:10:53 ID:8io

そのマタギの山岳信仰というものには民俗学的にも独特の世界観があります。

・山の神は女性、特に醜い女とされ、お供え物は更に醜いオコゼを奉納した

・この山の神は好色であるとされ、成人になった新マタギは儀式としてペニスを勃起させて踊った、踊る際にはペニスに燃えたぎった
薪木を紐で結んで左右に振って踊るという。

熱くなって苦しみだしたところで、参加者一同で手を打ってお開きとなる。これで晴れて小マタギから本マタギになる。

・狩猟で山に入る際は、山の神が怒らないように暫くは女性との会話を控えたさせ、女色を断った。このことは徹底していて、あるマタギがうっかり女房の手ぬぐいを持参してしまい、マタギの一員みんなで下山して狩猟を諦めた。手ぬぐいに女の匂いがあるからだそうだ。

・白狐や白鹿は神の使者であり、誤って発泡した場合は禁忌とされ、鉄砲撃ちを辞めないといけない

・家族に出産や死亡があった場合は、山に入ることは暫くできない。

・もし密猟をしたような場合は、鉄砲撃ちができないように右手親指を切断した。

226: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)21:12:42 ID:8io

マタギの生業としては

・以前まで、ツキノワグマの胆嚢というのは「熊の胆」と重宝されて、万病に効く薬として高く売れたのだそうです。熊の毛皮や骨・油など全てが金に換金できたようです。稲作もできない山間部の集落にとっては、貴重な現金収入だったようです。

・ニホンザルが採れていた頃は、猿の皮1枚で熊の皮3枚分の価値がある高価なものだった

・熊の場合は、熊の胆嚢「熊胆」(くまのい)が高値をつけていた、効能は腹痛、滋養強壮、万病の薬とされた

・熊はそれ以外にも
「油」は火傷
「毛皮」は高級な敷物
「血」は貧血病
「肉」は食用
「頭」は脳の薬
「子宮」は安産の薬として、それぞれ漢方薬として高く売れた

227: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)21:16:42 ID:8io

このマタギという方々は、現在は専業として狩猟をする人は皆無になってしまいました。

食生活には現在も名残りとしてウサギ、クマ等を鉄砲で撃ちコロして狩猟メンバーと共に料理を振る舞っています。

このような一族が廃れていくのは、何か寂しさを感じてしまいます。

すいません、このスレ内容からは雑談してしまいました。

228: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)21:19:40 ID:Spd
マタギって、戸籍がなかったと聞いたことがある

229: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)22:26:33 ID:zat
マタギを記録したドキュメンタリーを見たことがあったな

230: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)22:30:29 ID:8io

>>228

明治維新までは、山の民は「サンカ」と呼ばれて無戸籍状態だったようですね。

木こりやマタギの類いです。北海道から九州まで日本各地にいたそうです。

231: カチムカ山の名無しさん 2016/05/07(土)22:34:39 ID:8io

>>229
ドキュメンタリーは探して観てみたいです。

今回の下調べは、「マタギ列伝」という漫画を参考にしています。
秋田県出身で、釣りキチ三平で有名な矢口高雄氏のものです。
身近にマタギの方がいたのでしょう。

「マタギ列伝-中公文庫-コミック版」

232: カチムカ山の名無しさん 2016/05/08(日)05:53:04 ID:FtM

毛皮を剥がされて肉の塊に…って鶏とか牛、豚、馬も同じだよ
ウサギはそんなに衝撃的?
自分が田舎出身だからそう思うのかな
山の近くにいれば狩りするし海の近くなら魚とって捌いて食べるよね
家畜を食用に繁殖させて飼育して…の方が残酷だと思う
そのおかげでお肉食べれてるんだけどさ

ウサギよりホヤを食べる方が衝撃的だわ
ホヤ採れるとこ出身だけど、最初に食べようと思った人チャレンジャーすぎ

233: カチムカ山の名無しさん 2016/05/08(日)08:25:45 ID:jqR

>>232

魚介類では見た目がトンデモないものを食べるなぁって思うことがありますね。

あるテレビ番組で、海外の砂浜で日本人が貝を集めて焼き網で料理して食べた時に地元民が
「こいつら、こんな変なもの食べてるよ」
って字幕が入っていました。
そこに住む生活スタイルによって、必要不可欠な食べるものが違ってくるものなのでしょうね。

コメント

  1. カチムカ山の名無しさん より:

    マタギって言っても地域や集落で全然習慣なんて違うもんなんだが、こいつはwikiに書いてあることは全て本当だと鵜呑みにするタイプなのかな。
    ウサギはたしかに小さくて可愛いから衝撃かもしれないが、鶏も豚も飼ったら可愛いけれどさばいて食うし。

  2. カチムカ山の名無Cさん より:

    興味深いなぁ。
    母から聞いた話で、自宅で鶏をさばくのに
    まず首を落として血抜きするんだけど首がないまま周囲を血まみれにしながら走ってたってのもなかなか。
    肉を食べようと思ったらそれが当たり前で、冬は西日本なのに自宅にいてさえ隙間風で部屋の中に雪が積もったってさ。