【衝撃】ワイ、片手で鼻くそほじりながら書いた作品が書道の展覧会で銀賞!「何で俺君が銀賞なんだろうねw」

85: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)12:03:45 ID:Kd3

自分でもどうでもいいことだと思っているんだけど、未だに夢で見るので衝撃的だったんだと思う。
幼稚園の時、授業(って言うのかはよくわからないけど)の一環で書道をやった。
クラスのみんなは正座して幼稚園児なりに真剣にやってたけど俺は片手で鼻くそほじりながらやってたんじゃないかと思う。書道で使った筆にはなくその乾いた跡とかあったりするし。
で、同じクラスのA、こいつは書道の習い事をしていて、多分一番真剣に書道やってた。

その時書いた奴は市の書道大会の園児の部みたいなのにに出展されたんだけど、よく分かんない結果になった。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12

PICK UP記事はこちら

: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)12:03:45 ID:Kd3

金賞 他の幼稚園の誰かが書いた奴。子供心ながらきれいな字だと思った
銀賞 俺の 字のバランスも大きさも書き順もおかしいし、なんか半紙の隅に墨汁じゃない変なシミもある
銅賞 Aの 子供心ながら金賞と同じぐらいカッコイイと思った
佳作 五作品ぐらいえらばれた。金銅とくらべると少し劣る気はするけどそれでも綺麗な字だった

なぜか鼻くそほじりながら書いた俺の奴が、書道を習って一番頑張ってどう見ても綺麗なAの奴より上の賞とっちゃったんだよね。
幼稚園のみんなは「なんで俺君が銀賞何だろうねー?」なんて言うし、俺自身「どんなに高く評価しても努力賞ぐらいだろう」なんて思ってた。
Aはただ俺に「おめでとう」とだけ言ってくれた。

俺自身が銀賞って言うのに納得いかなくて先生や親に聞いたことがあるんだけど、流石に本人に「お前が賞を取るのは確かにおかしい」なんて言えなかったみたい、
苦笑いしながら「字は綺麗じゃないかもしれないけど、書いてるときの頑張りが審査員に伝わったんだよ」見たいなことを言われた。鼻くそほじりながら書いた作品に。

一週間ほど駅前のビルの中で賞をとった作品が展示されてたんで、母と見に行ったことがあるんだけど
そのときにAとA母を見かけて、A母がAに何か怒っていてAが涙目でA自身の作品を見ていたのが鮮明に記憶に残ってる。
他のところは日記からひろったりうろ覚えだったりするのに。

それから20年ぐらい経ってるし、その間地震に巻きこまれたり目の前で交通事故があったり、それなりに衝撃的な体験はしているんだけど、たまに見る悪夢は8割ぐらい、幼稚園児のAが泣きながら「なんでお前が銀賞何だ」って言ってくる夢。
Aは一度も俺にそんなこと言ってないはずだし、小学校までは普通に友達だったはずなんだけど。

未だに芸術家が芸能人の作品を批評する番組何かを見ると芸術家や家族の評価と俺の評価がまるっきり正反対だったりする。

86: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)14:58:29 ID:4im
某国みたいに英才教育を受けた子供が演奏する気持ち悪い表情浮かべながらロボットみたいな完璧な演奏と、子供らしく育った子供の下手くそでも一生懸命に演奏するのとじゃ比較にならないようなもんじゃない?
教育ママに怯えながら一生懸命に書かされるのと、命懸けの某国の子供は状況は違えど似てる気する。
上手くても心込もってないって感じ。

87: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)15:53:01 ID:3Fu
私も絵のコンクールで同じような経験あるわ
画伯までは行かない、普通に下手って感じで「賞とか取れるわけないしー」って思いながら毎回真面目に描いてた
毎年恒例のコンクールに向けて、絵を描きましょうってなった時になんか弾けたというか
「下手だし表彰されるわけないのに何でこんなん描かなきゃならんのじゃ、こんなん描く暇あるならポケモンやるわ」みたいな
とにかく凄い腹立たしさで一杯になりながら飼育小屋のうさぎ達を描いた
色ぬりの段階でも怒りが沸いてて、最初から最後までとにかく怒りが腹の中をグルグルしている中で描いたのを覚えてる
完成したのは異様に耳の長い怖い顔した汚い色のうさぎ達の絵で、我ながら酷いと思った
先生に怒られないか心配しながらも、描き直す余裕は無かったのでそれを提出
それで何故か賞貰ってスレタイ
審査員一言コメントに(のびのびしていて良い)とあったのもスレタイ
もの凄い怒りを込めて描いたのに何でのびのび?
芸術って分からん

88: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)16:07:02 ID:4Su

俺も絵のコンクールで入賞したことがある
でもそれは俺が自由に書いた絵じゃない
俺が書きたいように描いた絵を担任が細々と何度も修正するように言ってその通りに何度も修正した絵
俺が最初に書いた絵の面影もない別作品になった
入賞すごいねなんて言われるたびに虚しく感じたこと思い出した

なんでも楽しくやるのが一番いいと思う

89: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)16:09:32 ID:uHX

>>87
前にどこかのスレで親から虐待を受けていて、親から優しくしてほしいと思ってその願望を絵にしたら全然違う受け止められ方をして入賞したという人が居たな
>>88
俺は先生のアドバイス通りに描いたら、良く描けてるねと最優秀賞を貰った()

90: カチムカ山の名無しさん 2016/06/30(木)16:24:51 ID:Hgc
ミスコンもそうだけど、ああいうのは「世間的にはコレが一番」っていうのを選ぶ
だから「子供らしい絵」の一番だったり「世界的に評価されるであろうアジア的な美女」だったり「子供が一生懸命書いただろう書」が選ばれる
「最も綺麗・美しい」が選ばれるというよりは「ザ・ステレオタイプのソレっつぽいやつ」を選ぶんだよ

コメント

  1. カチムカ山の名無しさん より:

    自分は小さい時、幼稚だなと思いつつお遊戯をするような子だった。幼稚園で鬼の面をつくったとき、私だけ岡本太郎とダリが混ざったアフリカの呪い面みたいなのができた。そしてなぜかテレビの「今、子ども達は」的な対談のバックにそれが飾られた。シュールだった。

  2. カチムカ山の名無しさん より:

    そんなもんなんだよな。急ごしらえが『名作』になったり、気合入れまくりの作品がまったく評価されなかったり、いろいろだよな。

  3. カチムカ山の名無しさん より:

    幼稚園だろ?
    俺が審査員でも「ダイナミックな字」程度の基準で選ぶわ。
    そんなどうでも良い事気にするなよ。

  4. カチムカ山の名無しさん より:

    昔、書初め展に風邪ひいて参加できなかった(未提出)のに賞をもらったヲイラが通りますよっと

  5. カチムカ山の名無しさん より:

    そんなもんだよ。絵とか書道とか。
    特に小学校低学年以下、未就学児なんかは子どもらしさも
    評価の対象になるしね。

  6. カチムカ山の名無しさん より:

    絵画は、今の時代、審査員側もちょっと進歩(?)していて
    いくつかのポイントから
    「大人の手が加わっている(親や教師が手直ししている)」形跡があると見受けられるものは
    早々にふるい落とされると聞いたことがある。

    例えば、幼児に人物の顔(母の日のおかあさんの絵とか)を描かせたとき
    背景が淡い一色の絵の具で均一に塗られていたら、
    「背景が空白では画面がさびしいと考えた先生がやらせたな」と判断する等。
    (幼児のうちは、関心がある対象以外は余白のまま放っておいたり
    時間が余ればリボンとか星とかランダムに描き加えたりするのが素の状態らしい。)

  7. カチムカ山の名無しさん より:

    中学時代、授業か何かで五七五を二つ作るというのがあって、自分なりに力を入れたものは選ばれず、ただ何となく適当に考えたものが佳作に選ばれたのを思い出した。