【修羅場】ストーカー&メンヘラが自宅に凸してくる…通報したあとドア越しの話を録音して届け出た結果www

453: カチムカ山の名無しさん 2017/08/13(日)16:28:08 ID:

アパートに住んでいたころ、ストーカーとメンヘラの突撃被害にあっていました。

ストーカーが自宅に凸したさいに警察官呼んだのですが、その姿を警察官に目撃されたと同時に逃げられました。自転車で。
とりあえず、この時は相談と言うことにして警察署に記録を取ってもらい、帰宅しました。

引用元: ・ 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

PICK UP記事はこちら

: カチムカ山の名無しさん 2017/08/13(日)16:28:08 ID:

毎日毎日の無言電話と、わけのわからない手紙が入れられ、時には手紙を盗まれたりと。

でもパソコンに繋いだ監視カメラで手紙が盗まれる瞬間を撮ることに成功しました。帽子被ってて顔がわからなかったのが残念でした。
いちよ、その映像を持って警察に行くと盗難として被害届を受理してもらえました。

454: カチムカ山の名無しさん 2017/08/13(日)16:28:28 ID:
それが12月12日の寒い日。
夜中の午前3時頃、ドアノブをがちゃがちゃさせる不審者がいることに腹が立ち、警察に通報しました。
自分はドアに向かって「誰だ、てめぇ」と怒鳴りました。すると逃げるような足音がして遠ざかっていってしまいました。しまった、と思いましたが警察官が来るので、そのまま起きているとまたドアノブががちゃがちゃします。
うわぁ、また来たのか、と思い、今度は優しい声で「どちらさまですか」と問い掛けました。すると「お前のことが好きだー好きだー好きだー」と突然叫ばれました。うわぁ、と鳥肌が立ったことは言うまでもありません。警察まだかなぁと警察待ちです。
「なんでこんなことするんですか」と聞くと「お前と付き合いたいから」と言います。
こんな夜中に来て告白とか、馬鹿としか思えない、心ではそう思っても警察官が来るまでは持たせなければなりません。とにかく会話を引き伸ばすことにしました。

455: カチムカ山の名無しさん 2017/08/13(日)16:28:48 ID:

以下、ストーカーとの会話。

自分(以下、自)「それはどうもありがとう、私みたいなのを好きになってくれて」
ストーカー(以下、ス)「付き合ってくれるのかよ」
自「こんな寒い時間にまで来てくれるなんて、余程なんだね」
※この時、外は氷点下に近かった。
ス「ずっと見てたから」
自「へー、そんなに私と付き合いたいんだ」
ス「うん」
自「でもね、キミは私のことを知ってるじゃない、家の場所とか、名前とか、あと電話番号とか」
ス「うん」
自「でも、付き合う上でお互いのこと知らないって言うのは変だと思うの」
ス「うん、確かに」
自「付き合うか付き合わないかは、キミのこと知ってからにしたいんだ。だってキミのうちにいったりとか遊んだりとか、付き合うってそういうことするし。だから名前とか住所とか電話番号とか、もちろん教えてくれるよね」
ス「教えたら付き合ってくれる?」
自「だから、付き合うかどうか考えるために教えてくれる?」
ス「わかった、オレの名前はーー、住所はーー、電話はーーで、○○大の3年で20歳」
自「そうなんだー、外は寒いから帰った方がいいよ、あとで絶対連絡するね」
ス「わかった」

456: カチムカ山の名無しさん 2017/08/13(日)16:29:11 ID:

ストーカーの声は非常に明るく、納得して帰って貰いました。
で、それから10分くらいして到着した警察官にパソコンに録音した会話のCDと、ストーカー男の名前と住所と電話番号と大学名と年齢を書いた紙を渡し、その足で被害届けを出しに警察署に出向きました。夜中だと言うことで、パトカーに乗って。
警察官から、随分若いヤツに惚れられたね、とかわれましたが、それセクハラで訴えてもいいんならと言うと謝罪を受けました。確かにストーカーは自分よりも年下でしたが、冗談じゃありませんから。

次の日、自宅にいたところ、そのストーカーは確保されました。
拘留中、「女は信用できない」とか「きっと彼女から連絡くるから家に返してくれ」とか言い続けていたそうです。現場検証した結果、自宅のドアにベタベタと指紋が残っていたことと、郵便物を盗んだところを監視カメラに撮られていた映像を見せられて犯行を認めたと言うことです。
初犯と言うこともあり、また地方から出てきたご両親が土下座してきたと言うのもあり、被害届けを下げました。また自主退学し、ご両親が監視する約束をして。念書も警察官立会いで取りました。

とりあえずこれがストーカーとの対決話です。メンヘラはもっと簡単に警察に捕獲してもらいました。

463: カチムカ山の名無しさん 2017/08/14(月)01:06:14 ID:
>>453で、15歳の時に50くらいのおっさんに言い寄られたこと思い出した
15といっても遅生まれなので高1だったけど、同年代との恋愛すらいまいちピンと来ない、友達と遊んだりマンガ読んでる方が楽しいなんてオボコだったので
まさかおじいさん(当時の自分からすれば父親より年上なんておじいさんだった)の恋愛対象にされるなんて!と衝撃だった
あと、父も含めて身内は童顔が多かったので、最初はおっさんのことを定年過ぎくらいだと思ってて、世間の50くらいの老けっぷりにもビックリした
まじ恐怖だった
あと、後から兄姉に「あんたは末っ子だからって甘やかされて!大人に対して無防備すぎて!」と怒られたのは10年以上経った今でも納得していない