キャンプ場管理人「勝手に入ってテント張らないで!」 登山者「あんたに口出す権利あるの?山はみんなのものでしょっ!」→次の一言で登山者あえなく敗退wwwww

127: カチムカ山の名無しさん 2007/11/07(水) 15:56:49 ID:05CpzAPt

96 水先案名無い人 :2007/10/21(日) 15:56:48 ID:c3sdrcCH0
学生の時、いくつかのサークルでまとまって登山に行ったんだ。
前日ふもとにある有料キャンプ場にテントを張って一晩過ごして、翌朝に山に登るってスケジュール。
俺らの人数は40人ちょっと。
人数多いから予約してその日はキャンプ場を借り切った。もちろん貸切料金払って。
当日。キャンプ場に着いて、管理人のおっちゃんに料金払って、
テント張ってカレーとか作ってたら、キャンプ場の入り口に一台の車が停まった。
車の中からは登山愛好家らしき人が出てきて、入り口に勝手にテントを張り始めた。

「おいおい、ここって今日俺らが借り切ってるんだよな。あいつら無料でここ使っていいのか」
「まあ俺らの場所からは離れてるんだし、俺らにうるさいとか言ってこなけりゃいいんじゃね?」
そんな感じで俺らは無視することにした。
しかし、管理人のおっちゃんはそんなわけにはいかなかった。

管理人「あの。ここに勝手にテント張らないで下さい。今日は貸切なんです」
登山者「でもここ空いてるじゃない。お金なら払うよ」
管理人「お金の問題じゃないんです。今日は貸切なんです。
それにここはキャンプ場の出入り口です、テントを張る場所じゃありません!」

そしたら登山者一行はしぶしぶテントを片付け始め、雑木林の中に入って行く。
そしてテントを張れそうな場所を見つけると、辺りの草木をなぎ払い始める。

管理人「ちょっと!そんな所に勝手に入ってテント張らないで下さい!」
登山者「あんたにキャンプ場の外のことにまで口出す権利あるの?それに、山はみんなのものでしょっ!」

うわ、逆ギレ始めたよ~最悪。と思ったその瞬間ッ!俺らは管理人のおっちゃんの言葉に凍りついたねッ!

管理人「いいえ!みんなのものじゃありません! 私 の も の で す!
このふもとからあの頂上まで先祖代々受け継いできた、私 の 私 有 地 な ん で す !!!」

登山者唖然。俺ら呆然。登山者二の句も告げずに敗退。その後俺ら大爆笑w

PICK UP記事はこちら

129: カチムカ山の名無しさん 2007/11/07(水) 20:19:30 ID:hSjVn4Iw
>>128
武勇伝スレ向きっぽい

130: カチムカ山の名無しさん 2007/11/07(水) 20:20:29 ID:hSjVn4Iw

>>128>>127

131: カチムカ山の名無しさん 2007/11/07(水) 22:18:49 ID:ouFgL/NG
つーか、昔武勇伝スレで見た。

引用元: ・ 腹筋が痛くなるほどじゃないけどクスッと笑った時43

たぬき
管理者強し!登山者も結構いい加減なのいるんだな。

コメント

  1. カチムカ山の名無しさん より:

    私有地か自治体か国のどこかが所有者で
    私有地以外のそう言うところは管理委託されてる訳だから
    みんなのものでは無いな、基本的にはNG
    だれでも申請して許可取れれば利用できる程度なだけで

  2. カチムカ山の名無しさん より:

    地面に線を引いて所有権を主張するのを人類史上初めに行った者はだれなんだろう

    • カチムカ山の名無しさん より:

      お前、バカ?自分の国の昔・戦国時代とか知らねえの?
      「一生懸命 = 一所懸命 ⇒ 所有地を下賜頂く為、足軽から立身出世を目指した下級武士(農民兵)の働く様を元に造語」

      昔は土地(農地とする為)を得る為、命懸けで働いた。だから今でも日本で一番価値があるのが不動産なんだよ。
      生きてる間に勉強位しろ。ハゲ!

    • カチムカ山の名無しさん より:

      駆け抜けてゆく私のメモリアル

  3. カチムカ山の名無しさん より:

    慣れてる登山者なら入山前に確認するはずで、
    登山者というよりキャンプマニアだな。

  4. カチムカ山の名無しさん より:

    >山はみんなのものでしょっ!

    母の実家がとある観光地に近いんだが所有してる土地に勝手に入り込んで
    山菜とか勝手に採っていく馬鹿が後を絶たない。注意したらこう言うんだわ。

    所有者のいない山なんてねーよ。

  5. カチムカ山の名無しさん より:

    そもそも自由に入れる山なんて存在しないという事実

  6. カチムカ山の名無しさん より:

    登山者じゃないよな?

  7. カチムカ山の名無しさん より:

    実は登山者のほぼすべてがこれを理解していない事実。

  8. カチムカ山の名無しさん より:

    誰のものでもない土地はない。