爺ちゃんは小さい頃祖母と一緒に兄妹のように育ってて、みんなが大叔父だと思ってたという事実!親戚でも何ですらなかったwwwww

220: カチムカ山の名無しさん 2014/10/23(木)21:28:38 ID:SYUpLcDK9

大叔父と思ってた爺ちゃんが、実は親戚ですらなかったこと。

爺ちゃんは、祖母家のご近所さん&父親同士が組んで仕事していた関係で、祖母とは兄妹のように育つ。
祖母に許嫁(父親の仕事相手の息子)が選ばれるが、「会ったことも無い人と結婚するなんて嫌」と爺ちゃんに泣きつくと
爺ちゃん「それは相手も同じに思ってるかも。とりあえず会うだけ会ってみろ。
それで嫌なら一緒に逃げてやる」と祖母にアドバイス。
会ってみたら、自分のことを宝石みたいに扱ってくれる三船敏郎似の許嫁(祖父)に祖母撃沈。
爺ちゃんは、あんまりにも完璧な祖父を見て、裏(?)があるに違いないと
何かと祖父に突っかかる→何やかんやで親友に
そのまま仲良く年を重ね現在に至るらしい。

祖父母は鬼籍なんで、爺ちゃんが多少話を盛ってるかも。
漫画みたいな話にもびっくりだが、この事実を、父ですら祖父の葬儀で知ったというのが衝撃的。
爺ちゃんのことを、祖父は呼び捨て、祖母はさん付けだったので、みんな祖父の弟だと思いこんでいた。

ちなみに爺ちゃんは、昔は知らんが今は山城新伍に似てる。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4

うさぎ
父親も知らなかったっていうのは相当なことね。ほんと漫画みたい…。

たぬき
完全に親族みたいに溶け込んでたんだな。でも、やることやってくれる爺ちゃんっぽいから、よかったじゃね。